タクシードライバーは若年層に夢を与える仕事

タクシードライバーは若年層に夢を与える仕事

タクシー業界と言うのは年齢層の高い職種だと言う事を、タクシーを利用した事が有る方は分ると思います。

単純に少子高齢化が進んでいる中、その前から若者不足を叫ばれているタクシー業界からすれば、早急に対応しなくてはならない最重要課題と言っても過言ではないと言えます。

その中で若者を取り入れるために各業者側がありとあらゆる方法を用いて、タクシー業界に若者を招き入れようと対策を組んでいます。

今回の記事ではいったいどのような取り組みが施されているかを紹介したいと思います。

 驚きの待遇面

注意が必要ですが待遇面に関しましては、各会社のよって差が有る事をご了承ください。

今回記載する待遇面はオーソドックスな物からほんとに!と驚くようなものまで記載したいと思います。

まずメジャーな物から記載していきますと2種免許取得費負担、これはタクシーに乗る為に絶対必要な物ですが、その実技の難しさは恐るべきものがあります。

しかし会社負担で教習場に行けば実技免除になりますので一気に簡単な物になります。

その費用を会社が負担してくれると言う事です。

次に2種免許を取得するまでの期間を養成期間と言うのですが、この期間中の給料も保証してくれる制度もメジャーです。

他にも賞与ありこれに関しては給料からの算定が難しいので、寸志程度の物と解釈しておいた方が良いでしょう。

次に寮や社宅を完備している所がかなり多いので、寮の場合はご飯の心配も何もしなくて良くなりますし、会社の先輩たちからも覚えてもらうのが早く出世コースなどと名付けられています、また社宅に関しても非常に安い金額で入る事が出来ますので、家賃が安くなる分お得ではないでしょうか。

また今のタクシーには標準装備でカーナビゲーションが付いていますので、道に詳しくない方でも安心してタクシードライバーをする事が出来るようになっていますので、これもやはり付加価値ではないでしょうか、そして8割位の会社が取り入れているのが入社祝い金です大体相場として10万円~30万円が多いようです「引っ越し金等とも呼ばれます」また事故の際の保証も付いていますのでいざという時の交通事故にも安心出来ます。

この様にタクシー業界は若者に向けて待遇面では、非常に大きなものを出していると言えます。

寮や社宅に関しましても古い○○荘の様ではなくRCのマンションなどが普通に用意されているので驚きです。

タクシー業界は若者にどんな夢を見せるか

これにはほぼ個人差が無く若いうちからタクシードライバーをしておけば個人タクシーの取得に役立つと言う事です。

個人タクシーと言うのはいわば自分が社長になる訳ですから、自分が好きな時間に働いて満足したら勝手に変える事も出来ると言う事です。

そしてタクシー会社で働いている時は諸経費として、1日の売り上げの50%近くを上納していましたが、個人タクシーになれば自分で稼いだ分は自分の物ですから、給料が飛躍的に上がると言う事です。

世の中はこの先も見通しのつかない不景気になるでしょう、そんな中でタクシードライバーを頑張って続けておけば社長への道のりが近くなると言うのですから、タクシー業界が若者に与える夢は大きいのではないでしょうか、そもそもタクシードライバーは安い給料だと決めつけている若者が多いようですが、実際は年収1000万円を超えるドライバーもそんなに珍しい訳では無いのですから、決して安い仕事ではないと言う事が認識できるのではないでしょうか、また新人さんには意外と最新の車種を出してくれる会社が多いそうなので、魅力は数多くありますので今現在何もしないで悩むよりチャレンジしてみてはいかがでしょうか。