私達が日曜的に利用しているタクシーですが、タクシー業界の裏側と言うのを知らない方も多いと思いますので、よりタクシーを利用したくなるような、タクシーの豆知識を記事に起こしたいと思う。

タクシーの歴史はかなり古く明治時代に東京の麹町で創業されたのが初めてだれています、この当時はタクシーもわずか5台しか走っていなかったのですが、第2次世界大戦をきに、大阪でもタクシーの創業が始まり大阪市内ならどこでも1円で運転されると言うキャッチフレーズで円タクシーと呼ばれ、それが関東でも根付きタクシー協会が制定されそれに基づき国土交通省の認可を受ける今現在の仕組みになっているのがタクシーの歴史といえます。

また日本のタクシーに関しては非常に良心的だと言えます。

それは何故かと言いますと地方によって金額に差は出る物の、基本的にはメータで一律の距離を走れば料金が上がると言うシステムが、しっかりと構築されているからです。

海外に行けばまだメーターがないタクシーも非常に多く、大体の金額で走る運転手が多いと言う事、またチップを料金の1割位払う国も有りますので、日本のタクシーは非常に分かりやすい、料金設定になっているのではないでしょうか。

また海外ではアメリカのイエローキャブも同様にメーター式の料金システムになっており、個人タクシーの申請方法なども、日本と似たようなシステムを組んでいる事からも、日本のタクシーの料金システムのメーターの適性が、全世界基準になっていると言っても、過言ではないと言えるのではないでしょうか。

またそのタクシーカラーにも注目して貰いたい、アメリカシカゴを中心とした車体の黄色い色からイエローキャブと名付けられた、イギリスのロンドンを中心に真っ黒なタクシーが有名なロンドンタクシー、まるで日本のタクシーを見ているようではないでしょうか、関西は黒が多く関東はカラフルと言った感じで日本の関西・関東の差のように感じてしまうのは筆者だけだろうか。

タクシー求人 太洋モータース

2020年 次世代タクシーが東京の景色を変える