女性タクシー乗務員の今後の普及

女性タクシー乗務員の今後の普及

何処の業界でも女性の進出が目まぐるしい中、タクシー乗務員における女性の割合は、なんと2%しかないのが現状です。

この%には法的な問題が非常に強くかかわってきたことが、大きな問題ではないでしょうか、法的な問題とは女性を深夜に働かすこと自体を禁じた、労働基準法の影響でタクシー乗務員と言う隔日営業を基本とするタクシー乗務員に、女性はなれないと言うのが昔の法律にはあったのが現実です。

しかし今現在はそのような規制する法律が見直され、女性でも深夜帯に走る事が許された今現在は女性乗務員が増えるのではないかと言う事が安易に予想される。

女性乗務員が増えると

女性乗務員が増えると言う事はいったいどのような作用が起こるのか、考えてみたい。まず普通に考えられるのがタクシーを利用する女性客が増えるのではないでしょうか、

運転手が男性よりも女性のお客様は安心感が増えると言うのは、普通に考えれば当たり前ではないでしょうか、実際女性客にアンケートを取った結果、同性の方だと話しやすいや、安心できる、産婦人科に行きやすくなったなどの回答が返ってくるのだから、女性の乗客は本当にうれしいのだと思います。

乗務員も逆を言うと女性乗務員と言うだけで、顧客を増やす事も出来て、安心して仕事が出来るのではないでしょうか、男女を問わず給料は支払われますから、多くのお客様を目的地まで運べばそれだけ給料になるのですから、男女の贔屓もなく平等な職場条件なわけですから、女性の乗務員の方でも固定客を増やして頑張れば年収1000万も夢では無い職場なのです。

女性だから変なお客さんの対応に困ると言う意見もあるでしょう、しかし今の時代タクシーの車内と車外はドライブレコーダーで音声も出記録されていますので、そんな馬鹿な客も減ってきていますので、もし何かが起こってしまった場合そのまま所轄警察署の駐車場に行けば良いのですから、証拠品もすべて揃っているので即検挙されるだけの事です。

ですから女性も安心して乗車する事が出来ます。